漫画

【鬼滅の刃・全集中ドリル】第二弾・蟲の呼吸編!しのぶが毒にまつわる内容をご紹介!

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

9月4日発売の最強ジャンプ『鬼滅の刃・全集中ドリル』の第二弾が掲載されてました。

今回はしのぶの『蟲の呼吸編』と題し、毒にまつわる勉強内容が掲載されていましたが、

毒を持つ生き物が多いという事もびっくりですが、毒の種類が多い事もびっくりでした!

どうゆう内容だったのかをご紹介!

※いろんな虫が出てきますので、嫌いな方はご注意ください!

【鬼滅の刃・全集中ドリル】理科ノ型 其ノ壱

毒を持つ幼虫『サザン・フランネル・モス』

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

アメリカで急増している蛾の幼虫だそうで、見た目ふわふわしているが、
そのふわふわの毛の下には毒針が隠されており、
刺されたら何時間も激痛が続くらしいですので要注意!!
しのぶ『私の一突きと良い勝負ですね。ぜひ研究させて欲しいです』

毒で相手を操る『エメラルドゴキブリバチ』

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編
名前からして嫌ですねー。

なんとハチの幼虫の食べ物が新鮮なゴキブリだそうで、それを巣に持ち帰るために、
毒を注入し、従わせて巣に連れて帰り、卵を産みつけます。

そして産まれた子供たちが、食べるという、もうされるがままになってしまうんだそうです。

恐ろしいですね。

哺乳類で唯一の毒針使い『カモノハシ』

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編
可愛い外見をもってるカモノハシですが、

成長したオスの脚には2cmほどの毒針が仕込まれています。

この毒が独特な物で、

刺されると痛み止めも効かないほどの、激痛に見舞われるので気をつけてください!

しのぶ『私も色々な毒を調合して鬼を倒します。生物たちの毒も多くは性質の違うものが混ざっているんですよ』

毒が効かない『バッタマウス』&『サバクツノトカゲ』

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編
サソリを食べるバッタマウスや、

アメリカナガアリを食べるサバクツノトカゲなど、

自分たちが食べる生き物の毒に耐性を持っているそうです。

しのぶ『毒に強い個体がいるのは鬼だけじゃないんですよ』

毒を使うのは最終手段!

最初から毒を吐く訳ではなく、普通に戦って勝てないと判断したら毒を使うそうです。

必ず毒を使うわけではないけれど、必ず使わないとも言えないので注意しましょう!

【鬼滅の刃・全集中ドリル】蟲の呼吸 理科ノ型 其ノ弍

毒は薬を作るための宝の山!

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編
毒の研究が熱心にされ始めたのはなんと2000年以降なんだそうです。

例えば「血が止まらなくなる毒」は、体の中の血管が詰まる病気に使えるのでは?

という発見から毒から薬を作ろうとなり、研究が進められたそうです。

①ドクトカゲの毒は糖尿病の薬

②ヤドクガエルの毒は鎮痛薬

③クサリヘビの毒は血液低下の薬

しのぶ『私たちにとって、役立つ効果があればそれは「薬」

そして、薬は使いすぎたり間違った使い方をしたりしたら「毒」になってしまうんです』

世界最強の毒「ボツリヌス毒素」

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

たった500g、大人の手で一握り分で地球上の全人類が死んでしまうと言われている毒。

でも実はボツリヌスは身近な物で「ハチミツ」に入っているんです。

1歳未満にはハチミツをあげてはダメって聞いたことありませんか?

それは1歳未満だと、腸内環境が整ってないので、

ボツリヌス菌を体内に入れてしまうと、増えてしまい病気になるんです。

2歳以上になれば大量に与えなければそのまま排出されるだけなので害はありません。

そんな最強の毒も、最近では顔に注射してしわを無くすための薬としても使われているそうです!

姉蜘蛛『顔に最強の毒を?!』

しのぶ『人間は「美しくありたい」という願いを叶えるために研究したんです!』

【鬼滅の刃・全集中ドリル】蟲の呼吸 外国語ノ型

英語で『毒を持つ生き物』の言葉を言ってみよう

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

しのぶ『言えて当然ですけれども仕方ないです!言えないなら、しょうがない、しょうがない!』

伊之助『はあ゛ーーーーん!?言ってやるっつーの当然に!!舐めんじゃねえよ!』

スズメバチ wasp(ワスプ)
ムカデ centipede(センティピード)
フグ pufferfish(パファーフィッシュ)
チャドク蛾 tea tussock moth(ティー タァサァク モース)
毒蛇 viper(ヴァイパー)
アメリカドクトカゲ gila monster(ギラモンスター)

すべての毒はpoison(ポイズン)といい、

毒の中で生物が作り出した物をtoxin(トキシン)

さらに動物の毒腺(どくせん)で作られた毒をvenom(ヴェノム)と分類する

鬼滅・全集中ドリル『炎の呼吸 社会ノ型』

古代エジプトクレオパトラは毒で命を絶った?!

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

エジプトの女王クレオパトラは、ローマに敗れて自ら毒を使って命を経ったと言われており、

その毒が自分の美しさを保ったまま死ぬことが出来る「神経毒」で

「コブラの毒」だったのではないかと言われているそうです。

しのぶ『コブラの毒で死ぬのは苦しかったはずです…優しい毒ではありませんから』

戦争では毒は使用禁止!

戦争をしていた時、森に隠れている兵士を見つけやすくするために

「枯葉剤」という「ダイオキシン」を空から撒いたのだが

この毒の影響で病気になったり、子供に障害が現れたりと被害が深刻になったことで

兵器として使われることが禁止になったそうです。

鬼滅の刃全集中ドリル蟲の呼吸編

愈史郎「珠世様!!毒を使って逃げましょう!!」
珠世「?!」
愈史郎「冗談です!!」

銀食器
毒の暗殺に気付く為に、ヨーロッパの貴族間では銀食器が食卓に並んだそうです。

10月4日発売の最強ジャンプの『全集中ドリル』は冨岡義勇による水の呼吸編です!

ここでの紹介は、発売終了後、来月の4日以降にご紹介します。

鬼滅の刃・全集中ドリル炎の呼吸
【鬼滅の刃・全集中ドリル】第一弾・炎の呼吸編!煉獄さんも驚く内容!8月4日発売の最強ジャンプに掲載されていた『鬼滅の刃・全集中ドリル』 今回は『炎の呼吸編』と題し、火にまつわる勉強内容が掲載されて...
error: